会社を知る

トップ紹介

 

株式会社下呂松葉・株式会社千寿堂
代表取締役 代情龍彦 -YOSE TATSUHIKO- 


1964年下呂で生まれる
大学卒業後 IT企業に勤務
平成元年 下呂松葉・千寿堂就職
平成3年 調理師免許取得
平成12年 代表取締役就任(2代目)
ジョイホームセンター取締役
アキラ商会取締役 

下呂市食品衛生協会理事
岐阜県菓子工業組合理事 


現場経験が長く、すべての現場作業を経験
現在は現場を離れ、HP製作・メニュー製作・EC運営・DX化などを推進している

カンヌ映画祭パルムドール受賞
「万引き家族」プロデューサー代情明彦は実弟

趣味:ゴルフ

企業理念

人の幸せのため


私たちの仕事は、職を通してお客様に喜んでいただく素晴らしい仕事です。
人を幸せにするためには、先ず働く私たちが幸せでなければなりません。
私たちの会社にかかわるすべての人の幸せを追求するのが私たちの理念です。

私たちは、それぞれが様々な理由で下呂に住むことを選びました。
地方にあるからこそ味わえる喜びをたくさん感じられる様な職場でありたいと思っています。
一緒にそんな職場を作っていきましょう。


私たちが目指すもの

「活気ある地方づくり」

私たちが目指すものは、「活気ある地方づくり」です。

地域生産者と連携することで、地方でしかできないモノづくり、大手にできない特色を発揮していきます。

下呂を盛り上げ、下呂の価値を高め、下呂に住みたい人・下呂で働きたい人をたくさん作り、楽しく活気ある街にすることが私たちの目指すものです。

一緒に下呂を盛り上げてゆきましょう。

下呂松葉のビジョン

飲食部門の下呂松葉は、コロナ禍により大きな影響を受けましたが、その間、集客の強化・DX化に取り組み、若年の観光客の取り込みと高生産性を実現させ、コロナ前を上回る業績となっております。今後過疎化の経営環境の中、人口減少を見越し、更に観光客の取り込みとEC分野の参入に取り組んでまいります。EC向けの商品開発により、外食の製造業化を進めることで、経営の安定化を進めます。そのためには、ECに強い人材を求めております。

千寿堂のビジョン

観光土産品である菓子製造部門もコロナの影響を大きく受け、現在でも1店舗の休業を余儀なくされております。しかしながら業態転換と商品開発に成功し、若年層の取り込みに成功しました。これにより、休業店舗がありながらもコロナ前の水準に戻っております。今後は直売店比率をさらに高めながら、自動化を推し進め高生産性を実現させます。また、今後EC部門の更なる強化を図ってゆきます。

関連会社

異業種で連携をとることにより、切磋琢磨できる環境を作っております

ジョイホームセンター

 

日用品・園芸用品など販売。

〒509-2203 岐阜県下呂市小川315−3

 0576-25-5620 

アキラ商会

 

 

機械工具販売・機械修理など

〒509-2203 岐阜県下呂市小川307−1
 0576-25-5507

採用サイトページ一覧

職場の一日

スタッフを知る

制度を知る・FAQ

募集要項